略歴

2003年 静岡大学 情報学部 情報科学科卒.2005年 同大学院 情報学研究科 修士課程修了.2007年 日本学術振興会特別研究員(DC2).2008年 慶應義塾大学大学院 理工学研究科 後期博士課程修了.同年,日本学術振興会 特別研究員(PD).2009年 慶應義塾大学大学院 理工学研究科 特別研究助教.2011年 青山学院大学 社会情報学部助手.2014年 同助教.2015年より慶應義塾大学 理工学 管理工学科 専任講師(有期).現在に至る.博士(工学).セマンティックWebとその応用,オントロジー自動構築(オントロジー学習)に関する研究に従事.人工知能学会,情報システム学会,ACM,日本データベース学会,電子情報通信学会の各会員.


氏名森田 武史
所属慶應義塾大学 理工学部 管理工学科
職名専任講師(有期)
学位博士(工学)
勤務先 所在地〒223-8522 横浜市港北区日吉3-14-1
慶應義塾大学 理工学部 管理工学科 矢上キャンパス 23棟621室
E-mailt_morita [at] keio.jp
Webサイト (English)http://takeshi-morita.jp/
Webサイト (日本語)http://takeshi-morita.jp/index-ja.html

主な論文

  • Takeshi Morita, Chie Iijima, Wataru Okawara, Yoshitaro Enomoto, Takahira Yamaguchi, “Implementing Mobility Service with Japanese Linked Data”, International Journal of Computational Intelligence Studies, Vol. 5, No. 3/4, pp.267-288 (2016) DOI: 10.1504/IJCISTUDIES.2016.083573
  • 森田 武史,洪 潤基,斎藤 忍,飯島 正,山口 高平,”SCOR オントロジーに基づく生産管理プロセスモデリング支援ツールの実装”,情報システム学会誌,Vol.11 No.1 pp.13-47 (2015) DOI: 10.19014/jissj.11.1_13
  • Takeshi Morita, Yuka Sekimoto, Susumu Tamagawa and Takahira Yamaguchi, “Building up a class hierarchy with properties by refining and integrating Japanese Wikipedia Ontology and Japanese WordNet”, Web Intelligence and Agent Systems: An International Journal, Volume 12, Number 2, pp. 211-233, IOS Press (2014) DOI: 10.3233/WIA-140293
  • Takeshi Morita, Noriaki Izumi, Naoki Fukuta, Takahira Yamaguchi, “DODDLE-OWL: Interactive Domain Ontology Development with Open Source Software in Java”, IEICE Transactions on Information and Systems, Special Issue on Knowledge-Based Software Engineering Vol.E91-D No.4 pp.945-958 (2008) DOI: 10.1093/ietisy/e91-d.4.945
  • Takeshi Morita, Noriaki Izumi, Naoki Fukuta, Takahira Yamaguchi, “A Graphical RDF-based Meta-Model Management Tool”, IEICE Transactions on Information and Systems, Special Issue on Knowledge-Based Software Engineering Vol.E89-D No.4 pp.1368-1377 (2006) DOI: 10.1093/ietisy/e89-d.4.1368

自身で研究開発した主なソフトウェア

個人リンク

サイトマップ

  • 経歴
    • 略歴,学歴,学位,職歴,資格
  • 業績
    • 受賞,著書,学術論文,国際会議論文,招待講演,総説・解説,国際会議,ポスター発表,研究会・全国大会,学会誌記事 学位論文,研究資金,報道 ソフトウェア
  • 研究
    • 論文誌論文の紹介
  • 教育
    • 教育活動歴,大学院人材育成プログラム,担当講義
  • 活動
    • 学会および社会における活動,所属学会,国内委員,国際会議委員,論文査読